第4回福祉用具体験会in西宮 を終了して

おなじみのレイアウトは群青亜鉛さんが作成してくださいました♪

感謝♪


体験会が終了後発起人澤田は、家族の介護に奔走しておりました。

ちょっとお休みしていました。


このまま続けられるのだろうか?

決して運営も楽じゃない。
メンバーについても負担をかけている…様々な思いが駆け巡りました。
無理をしてまでやることだろうか?!

いろんなことを考えながら、それでも仕事以外で大真面目に議論しレイアウトを考え準備するのは並大抵のことではありません。まして運営している実行委員メンバーもかなりの少人数です。

でも、当日のことを振り返れば本当に温かな気持ちになるんです。

電動カートを見に来たご夫婦は1台しか見本がないことにがっかりしておられました。でも、お話をしていくうちに改善や方法が見えてくると笑顔になってこられました。またある方は、途中でお昼を購入してくださって椅子に腰かけてご飯を食べてからまた展示・体験をされるご年配の方。

ちょっとした足の爪の話や排泄の話を当事者の方も一緒になって聞いたり、ほかの方のお悩み相談中に「わたしもなの~」なんて一緒にお話しされたり…井戸端会議みたいだけどそこから悩みを打ち明けられたりする身近な会だなぁと感じました。


これは、メーカー⇔ユーザーではなかなかできません。
メーカー⇔従事者⇔ユーザーという関係だからこそあらわれる楽しい連鎖。
この従事者というは、利害関係のない私達だからできるのかもしれません。
その商品がすべていいと誘導しているのではなく、あくまで私たちはユーザーの立場にたち、できるだけ想像を巡らせ一つでも何らかの課題を抱えていたとしても生活を豊かに送れるために考える不思議な相談会。

提供している私たちも多くの気づきと学びを同時にいただいています。

「また来年もたのしみにしてるね」「もっと早くしりたかった」様々なお声を聴くたびに、実行委員会のメンバーで、また新たなメンバーを加えて、皆様と作り上げられればと考えています。

私達はすべて有志で開催しています。

皆様の応援の声とともに。

来年へ向けて少しずつ一歩を踏み出したいと思っています。

誇らしい実行委員の皆様

ご来場の皆様
こんな貧弱な会を応援してくださっているメーカーおよび関連会社・団体様
本当に感謝です。

応援くださいませ。

発起人 澤田公美


(2015.08.16更新)